初期のm字はこれで治る!

m字はげの初期にやるべき対策

あれ?いつもより生え際が後退してるかも…?m字はげの初期症状に気がついたあなたはラッキーです。
m字はげは初期段階であれば、正しい対策を講じることで進行を止めることができて、場合によっては治すことも可能です。

以下にご紹介するハゲ対策は、初期のm字はげに効果の高い対策になります。
最新の毛髪科学に基づいた対策なので、明日から早速実践してみることをお勧めします。


初期のm字はげと最新の育毛剤


m字はげの対策として今も昔も人気のある育毛剤ですが、ひと昔前の育毛剤にはそれほど大きな効果は期待できませんでした。
血流を良くして栄養素の運搬をスムーズに…頭皮の環境を整えて髪が生えやすいように…それも初期のm字はげを改善するにあたり大切なことではありますが、それだけでは初期だろうと末期だろうとm字はげは治りません。

初期段階でm字はげをしっかり治す為には、m字部分の脱毛の原因を撲滅して、休止している毛根を活性化させる必要があります。
しかし従来の育毛剤は、ただ髪が生えやすい環境を作るだけで、髪が抜ける原因はそのままでした。

それがここ数年で一気に育毛剤の研究が進み、m字部分の抜け毛の原因を抑えて、髪の発毛を司る毛包に直接働きかける育毛剤が誕生しました。
ひと昔前の育毛剤は初期のm字はげに対しても気休め程度の効果しか期待できませんでしたが、今の育毛剤はm字はげに対して大きな期待が持てるようになりました。

初期段階のm字はげであれば完全に治すことも難しくはありませんから、育毛剤は必ず使うことをお勧めします。
また、育毛剤はここ数年で様々な製薬会社から登場して、選ぶのも難しくなりました。

初期のm字はげ治療を目的に育毛剤を選ぶ基準としては、リアップのようなミノキシジルを主成分としたものではなく、M-034を主成分としたものを選ぶことです。
M-034は海藻から抽出される最新の成分で、初期のm字はげ改善に高い効果を示すことが分かっています。

ちなみに、当サイトの管理人であるわたしは、M-034が主成分のイクオスという育毛剤でm字はげを改善しました。
効果が無いと感じた場合には45日以内なら返品できるので、初期のm字はげに気がついた方は是非試してみることをお勧めします。

イクオス公式サイトはこちら




初期のm字はげは食生活で進行が変わる!


前髪が後退してきた…そのような初期のm字はげにおいては、食生活が非常に重要になります。
食生活とm字はげには密接な関係があって、どのような食事を摂るかで初期段階からのm字はげの進行具合は大きく変わってきます。

m字はげに気づいたら亜鉛を摂れ!


あまり聞きなれない名前かもしれませんが、ミネラルの一種である亜鉛は、初期のm字はげを改善するためには必須の栄養素です。
髪の毛の90%以上はたんぱく質を原料とするケラチンタンパクからできていますが、食べ物から摂取したたんぱく質を髪の毛に作り変える働きを担うのが亜鉛です。

亜鉛が摂れていないと、いくらたんぱく質を含む食べ物を食べたところで髪の毛の成長を促すことはできません。
また現代人でたんぱく質が著しく欠乏している人は多くありませんが、亜鉛に関しては大半の大人が不足しています。

つまり亜鉛を今以上に意識して摂取することで、初期のm字はげの進行を食い止めることができます。
さらに亜鉛には、体内にある抜け毛の原因となっている酵素を抑制する働きがあります。

体内にある5αリダクターゼと呼ばれる酵素は、男性ホルモンと出会うことで抜け毛の指令を出します。
亜鉛には5αリダクターゼと男性ホルモンが出会うのを阻害する効果が確認されています。

つまり亜鉛を意識して摂取することは、髪の毛の成長と抜け毛防止の2点から、初期段階のm字はげの進行を食い止めることができるのです。
亜鉛を多く含む食べ物は多くはありませんが、初期のm字はげには必須なのでうまく食生活に取り入れるようにしましょう。

亜鉛を多く含む食べ物
牡蠣・ほや貝・カシューナッツ・豆腐・チーズ・牛肩肉・ゴマ・うなぎ・たらば蟹


m字はげの天敵、動物性脂肪


生え際が薄くなってきて初期のm字はげと気づいたら、避けておきたい食べ物は動物性脂肪の多い食べ物です。
動物性脂肪は皮脂の分泌を増やして、m字はげの進行を早めることが分かっています。

脂の少ないササミや牛肩肉は、初期のm字はげに良い食べ物と言われていますが、脂の多いお肉は反対に初期のm字はげに拍車をかけるので要注意です。
またお肉に限らず炒め物を作る時の油の量や質にもこだわりましょう。
動物性の油を避けて、トウモロコシ油やナタネ油などの植物性のものを使うことで、初期のm字はげが悪化していくのを防ぐことができます。

またハンバーガーやポテトチップスなどの、ジャンクフードやスナック菓子も初期のm字はげを悪化させてしまいます。
m字はげの男性が増えた原因には、食生活の欧米化も指摘されているほどですから、ファーストフードやスナック菓子はできるだけ控えるようにしましょう。



m字はげに気づいたら、規則正しい生活を
肌にしても髪の毛にしても、生活習慣によってそのコンディションは大きく変わります。
夜勤など夜に仕事をする人は肌が荒れやすいと言いますが、影響が及ぶのは肌だけではなく頭皮や髪も同じです。

不規則な生活を送っていると、肌の新陳代謝が落ちるのと同じでヘアサイクルが乱れます。
髪の毛には生え始めから伸びている間の成長期があり、5年ほど伸びると退行期(数週間)と休止期(数ヶ月)を経て抜け落ちます。

このヘアサイクルが正常に行われているかどうかは、初期のm字はげを食い止める上では非常に重要です。
不規則な生活をしているとヘアサイクルを乱すことになり、その結果m字はげの進行を招くことになります。

睡眠はゴールデンタイムに



では初期のm字はげ改善に良い規則正しい生活とはどのようなものを言うのか、1番は睡眠に関してです。
規則正しい睡眠を取ることは、初期のm字はげの防止に影響を及ぼすと言われています。

初期のm字はげの進行を防ぐにあたり、最も理想とされる睡眠は夜10時から翌2時をまたぐゴールデン睡眠です。
夜10時から翌2時は睡眠のゴールデンタイムと呼ばれていて、睡眠による様々な効果が最も高まる時間帯です。

初期のm字はげの改善に関して特に着目したいのは、女性ホルモンと成長ホルモンの分泌です。
女性ホルモンと成長ホルモンは男性の体内にも存在するもので、初期のm字はげを阻止する効果のあるホルモンです。

これらのホルモン分泌は、ゴールデンタイムに睡眠を取ることで非常に活発になります。
つまりゴールデンタイムに慣習的に睡眠を取ることは、初期のm字はげの進行を止めるのに有効的だと言えます。


週一回は体を動かそう!



初期のm字はげを防ぐための規則正しい生活にもう一つ取り入れておきたいのが運動です。
適度な運動はゴールデン睡眠と同じく、女性ホルモンや成長ホルモンなど、初期のm字はげを防ぐホルモンの分泌を活発にしてくれます。

例えば毎週末にテニスをしたりランニングをしたりすることは、初期のm字はげの進行を防ぐことにつながります。
しかし忙しくてなかなか時間が取れないということであれば、出勤途中に少し歩く距離を増やしてみるだけでもm字はげ改善に効果的です。